ブログ
鍵の防犯性

鍵が複数あることがむしろ防犯上問題となる場合も

鍵の防犯性
ドアや金庫などシリンダー錠を利用している家庭はほとんどといってもよいでしょう。シリンダー錠は鍵を差すという簡単な動作で解錠を行うため、一般的に使われている鍵です。解錠できない大きな原因に鍵の紛失があります。事前に合鍵を作って複数の鍵が存在する場合は大きな問題にはなりませんが、家庭金庫などは鍵が複数あることがむしろ防犯上問題となるので合鍵を作ることはあまりないでしょう。開錠する必要ができたとき鍵が見つからなくて慌てる人も多いようです。専門業者へ依頼するとたいていの鍵は開錠できますので、すぐにお電話ください。ロイヤルガーディアンの鍵交換は鍵屋へご相談から。また、古くて扉がずれたり中に物を詰め込みすぎると内部の圧力が加わって扉が開かなくなることもあります。このようなとき鍵を差して無理に回すと鍵が折れたり錠に不都合が起きる事態になりかねません。鍵が使えない状態であれば鍵穴から合鍵を作ることができますが、無理な行動で錠を壊した場合は新しく買い替える必要が出てきますので、専門家に任せることが肝要です。

続きを読む

家庭用の場合は鍵の番号を変えることができないものが多い

お困りの時は専門業者へご依頼ください。電子ロック式であってもベテランのスタッフがお伺いし対応致します。家庭においても忘れ防止のため番号をメモしている人もいますが、他の人に見られた可能性がある場合は防犯上番号を変えることをお勧めします。家庭用の場合は番号を変えることができないものが多いのですが、ダイヤルを交換することで可能となることもありますのでまずは専門業者へ相談してみましょう。

続きを読む

メーカーや販売会社の倒産で連絡が取れない場合もある

会社で確実に防犯対策を行うため、人事異動のたび暗証番号の変更をお勧めします。方法は購入時に渡された説明書に書いてありますが、古い金庫などは説明書がわからなくなっていたりメーカーや販売会社の倒産で連絡が取れない場合もあるでしょう。

続きを読む

ダイヤル式金庫の鍵の防犯を徹底する

ダイヤル式金庫の防犯を徹底するためには暗証番号の管理が重要となります。会社では主に担当者やその上司など最小限の人数で番号を管理しますが、人事異動や退職などで担当者が変わることもありそのまま番号を変更しないで使っていると、結果部外者も知ってしまうことになります。

続きを読む